秋田工、盤石の走りで他校を圧倒 10年連続28度目の優勝

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
男子優勝の秋田工。前列右から時計回りに大野、藤本、高橋、池田、田中、米村、加藤
男子優勝の秋田工。前列右から時計回りに大野、藤本、高橋、池田、田中、米村、加藤

 1区はトップを譲ったものの、2区以降は盤石の走りで他校を圧倒、2位に8分以上の差をつけ、10年連続となる都大路への切符を手にした。

高校駅伝県予選、男子・秋田工10連覇 女子は大曲2連覇

 トップと31秒差の2位でスタートした2区田中佑空(ゆら、2年)は、2キロ過ぎからペースアップ。第2中継所まで200メートルに迫った地点で、先頭の横手清陵の選手をとらえた。「チームのために役割を果たそうと気を引き締めた」と振り返る。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース