躍動感あふれる演舞で市街地に活気 480人が出場、3年ぶり開催

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
息の合った演舞を披露する出場者たち
息の合った演舞を披露する出場者たち

 「ヤートセ秋田祭」が30日、秋田市中通のエリアなかいちにぎわい広場で3年ぶりに開かれた。25団体の約480人が出場し、躍動感ある演舞を披露した。会場には約1500人(主催者発表)が訪れ、中心市街地は活気にあふれた。

 県内各地から集まった団体がそれぞれ個性あふれる演舞で会場を盛り上げた。熱のこもった舞に、観客は手拍子をしたり振り付けをまねて一緒に腕を動かしたりと盛り上がり、通行人も足を止めて演舞に見入っていた。ハロウィーンの要素を取り入れた衣装で観客を楽しませる団体もあった。


こちらもおすすめ:見出し

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース