「新仙岩トンネル」の必要性再確認 遅延や運休のリスク解消を

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
新仙岩トンネルの必要性を確認した整備促進大会
新仙岩トンネルの必要性を確認した整備促進大会

 秋田新幹線の秋田、岩手県境で検討されている「新仙岩トンネル」の整備促進大会が9日、大仙市のフォーシーズンで開かれた。沿線自治体などの関係者ら約100人が出席。講演などを通じ、定時運行の確保と安全性の向上に向けたトンネル整備の必要性を再確認した。県と、両県自治体でつくる整備促進期成同盟会の主催。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース