4年間の資格停止求める WADA、ワリエワ問題で

※写真クリックで拡大表示します
カミラ・ワリエワ
カミラ・ワリエワ

 【スタバンゲル(ノルウェー)共同】世界反ドーピング機関(WADA)が、2月の北京冬季五輪の期間中にドーピング問題が発覚したフィギュアスケート女子のカミラ・ワリエワ(ロシア)について、4年間の資格停止処分などを求めていることが14日、分かった。WADAの提訴を受理したスポーツ仲裁裁判所(CAS)が同日、明らかにした。

 WADAは、陽性反応が出た検体が採取された昨年12月25日以降の全ての競技成績を取り消し、北京五輪の団体でロシア・オリンピック委員会(ROC)の一員として獲得した金メダルを剥奪することも求めている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース