世界トランポリン、森ら準決勝へ 第1日、男子は西岡ら

※写真クリックで拡大表示します
女子個人予選 演技する桐生莉沙=ソフィア(共同)
女子個人予選 演技する桐生莉沙=ソフィア(共同)

 【ソフィア共同】トランポリンの世界選手権は16日、ソフィアで開幕して個人予選が行われ、女子で2019年大会優勝の森ひかるや宇山芽紅、桐生莉沙、男子で昨年銀メダルの西岡隆成と初出場の石川和、井関駿太が18日の準決勝に進出した。

 各組1位や上位選手の合計24人(各国・地域最大3人)が突破し、女子の太村成見と男子の永田信弥は敗退した。

 森は56・290点、西岡は60・320点で、ともに日本勢トップの全体2位通過。団体予選の日本は女子が2位、男子が4位となり、ともに5チームで争う18日の決勝へ進んだ。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース