柴田あゆみさんの幻想的切り絵展 「かみがみの森」大型作品も、池袋で

※写真クリックで拡大表示します
柴田あゆみさんのインスタレーション「調和の森」。作品を見上げる柴田さん
柴田あゆみさんのインスタレーション「調和の森」。作品を見上げる柴田さん

 世界的に活躍し、立体彫刻のように美しく幻想的な切り絵作品を生み出すアーティスト柴田あゆみさんの個展「かみがみの森」が、東京・池袋の西武池袋本店7階催事場Aで12月1~12日に開かれる。

 テーマは「いのちの営みと森羅万象」。展示の目玉は大型インスタレーション作品「調和の森」(縦約6メートル、横約10メートル)で、森の一日を光を使って表現。絵本や小瓶に小宇宙を閉じ込めた作品など計約60点を展示する。

 柴田さんは横浜市生まれ。2007年に米ニューヨークに渡り、版画などを習得後、15年からはパリで展示や制作活動をした。現在は横浜を拠点にする。

 一般800円。問い合わせは同店大代表、電話03(3981)0111。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース