中国国防相、米国の台湾介入けん制 

 【北京共同】中国の魏鳳和国防相は22日、オースティン米国防長官との会談で、台湾問題は中国の核心的利益であり「越えてはならない最重要のレッドラインだ」と強調、米側の介入を強くけん制した。中国国防省報道官が明らかにした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。