ロシア軍全土攻撃、死者10人に 侵攻9カ月、隣国も停電

※写真クリックで拡大表示します
ウクライナ南部ザポロジエ州ビリニャンスクで、攻撃を受けた病院産科棟の救助活動=23日(AP=共同)
ウクライナ南部ザポロジエ州ビリニャンスクで、攻撃を受けた病院産科棟の救助活動=23日(AP=共同)

 【キーウ共同】ウクライナのモナスティルスキー内相は23日、ロシア軍による同日の電力インフラなどへのミサイル攻撃で少なくとも10人が死亡したと指摘した。全土で停電が発生し、首都キーウ(キエフ)では24日朝の時点で7割の市民が電気を使用できていない。24日で侵攻9カ月。気温が氷点下となる日も多い中、市民生活に深刻な影響が出ている。

 23日の攻撃は、ウクライナと送電網がつながる隣国モルドバにも波及し、多くの地域で停電が起きた。同国のサンドゥ大統領は23日「ロシアはモルドバを暗闇と寒さに閉じ込めた」と非難した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。