地元食材の料理を提供「んながらの食堂」 閉店のジャンビニ活用

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
ジャンビニ店内で料理を味わう来店客
ジャンビニ店内で料理を味わう来店客

 4月に閉店した秋田県三種町鹿渡の「JAンビニANN・AN(ジャンビニアン・アン)」で26日、地元産食材を使った料理を提供する「んながらの食堂」が初めて開かれた。地域住民らが続々と訪れ、あきたこまちの新米で作ったおにぎりなどを味わった。

 地元の女性農家グループ「べっけANN・AN」と、JA秋田やまもと女性部琴丘支部が開催。おにぎりとみそ汁のほか、昆布の煮物や小松菜のおひたしなどのおかず5品を店内で調理し、1食200円50食限定で提供した。会場では新聞紙でごみ箱を作る講習会も開かれ、幅広い世代が交流した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース