鈴鹿のスタジアム建設中止を要請 市長、JFLクラブ運営会社に

※写真クリックで拡大表示します
記者会見する三重県鈴鹿市の末松則子市長=28日午前
記者会見する三重県鈴鹿市の末松則子市長=28日午前

 三重県鈴鹿市は28日、JFL鈴鹿ポイントゲッターズ運営会社が同市で計画するサッカースタジアムについて、運営会社に建設中止を求めたと明らかにした。資金調達などの見通しが立たないことが判明したためで、末松則子市長は記者会見で「市民との信頼関係の面から困難と判断した」と説明した。

 市によると、25日に運営会社に状況の報告を求めたが、オーナーが大部分を保有する株式の譲渡先が不確定で資金調達の進展がないと説明があった。市はガバナンス体制が不十分だと判断し、28日午前に運営会社に中止と計画に関する協定書の解除を申し入れた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。