「不登校特例校」設置へ、愛知 公立の中高一貫校で全国初

 愛知県の大村秀章知事は28日の記者会見で、不登校の生徒に対応する中高一貫教育を、県立日進高校(同県日進市)に導入すると発表した。同校に中学を併設するとともに、不登校生徒向けの教育課程を実施する「不登校特例校」を設置、2026年4月の開始を目指す。県教育委員会によると、公立の中高一貫校で不登校特例校を設置するのは全国で初という。

 各学年に40人の1学級を置き、年間の総授業時間を減らすなどしてゆとりを持って学ぶことができるようにする。大村氏は「学校になじめず不登校になる子が増えている。高校からの対応では遅いという声があった」と説明した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。