集じん機3人巻き込まれる 三重の工場、1人は脱出

 28日午前11時20分ごろ、石こうボードの開発を手がける三重県川越町の「チヨダウーテ」の工場で、作業員3人が集じん機に巻き込まれたと119番があった。同日正午過ぎにうち1人が救出された。容体は不明。別の1人は自力で脱出して無事という。県警などが詳しい状況を調べている。

 県警四日市北署によると、3人は燃焼した木くずを冷却する装置の定期点検作業中、上部から木くずが落下して生き埋めになったという。

 同社によると3人は業務委託先の30~50代の男性という。

 同社のホームページによると、1948年設立。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。