親子ら面会交流訴訟で原告敗訴 東京地裁、国に賠償求めず

 離婚などで別居した親子らの面会交流の法整備が不十分なため、憲法が保障する基本的人権が侵害されているとして、10~70代の男女17人が国に1人10万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で東京地裁(成田晋司裁判長)は28日、請求を退けた。

 原告代理人によると、同種訴訟で初めて子ども3人も原告となり、親と面会できないと訴えた。孫との面会を求める祖父母も加わっている。

 原告側は、面会交流を進めるための具体的な規定がないのは立法不作為だと主張。国は、現在でも家裁への審判申し立てにより面会交流の「間接強制」をすることができ、新たな立法措置は不可欠ではないと反論した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。