秋田市有施設の光熱費、3億7千万円増 燃料価格高騰を反映

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市議会は28日、11月定例会を開会した。提出案件は22年度一般会計補正予算案など28件。会期は12月21日まで。エネルギーなどの価格高騰を受けた市の支出増や、民間事業者への物価高騰対策事業費などを予算案に盛り込んだ。

 電気、ガス、燃料の価格高騰を反映し、市庁舎や市民サービスセンター、小中学校など計約160カ所の市有施設の来年3月末までの燃料費・光熱費を3億7863万円増額する。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース