18mの海底にクリスマスツリー 和歌山・串本町沖、本州最南端

※写真クリックで拡大表示します
和歌山県串本町沖の海底に設置されたクリスマスツリー=29日午前(串本ダイビング事業組合提供)
和歌山県串本町沖の海底に設置されたクリスマスツリー=29日午前(串本ダイビング事業組合提供)

 ダイビングスポットとして知られる本州最南端の和歌山県串本町沖で29日、深さ約18メートルの海底にクリスマスツリーが設置され、赤いリボンや雪の結晶などの飾りが海中を彩った。12月25日まで。

 ツリーはプラスチック製で高さ約3メートル。サンタクロースの衣装を着た女性ダイバーらが海の中に運び、土のうとロープで海底に固定した。

 串本ダイビング事業組合が町の活性化につなげようと2011年から毎年実施している。組合イベント係の道井洋之さん(48)は「初心者も楽しめる場所に設置した。冬は透明度が高く、海底の景色がよく見える。カラフルなウミウシなどを楽しめる」と話した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。