CO2から都市ガス原料製造 東ガスや三菱商事、米国で

 東京ガスと大阪ガス、東邦ガス、三菱商事の4社は29日、水素と二酸化炭素(CO2)から合成した都市ガス原料のメタンを米国で製造し、日本に輸入すると発表した。CO2を資源として有効活用し、脱炭素化を進める。2030年に東ガスなど都市ガス3社の需要の1%に相当する年間13万トンの合成メタンの輸入を目指す。

 水素は太陽光や風力など再生可能エネルギーによる電力でつくる。CO2は工場などから排出されるものを活用。設備を25年に着工し、29年の製造開始を予定する。製造した合成メタンは、三菱商事が参画する米ルイジアナ州の液化天然ガス(LNG)の輸出基地から出荷する。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。