日本水産、すり身製品を再値上げ 来年2月以降、ニップンの冷食も

※写真クリックで拡大表示します
日本水産の「活ちくわ」
日本水産の「活ちくわ」

 日本水産は29日、ちくわなど家庭用のすり身製品と冷凍食品計147品の出荷価格を来年2月1日納品分から順次、約6~30%引き上げると発表した。業務用の冷凍食品280品も約3~27%上げる。ニップンも家庭用冷凍食品60品の出荷価格を来年3月1日納品分から約3~13%引き上げると発表した。

 日本水産は今年2月と8月、ニップンは2月と9月にも値上げしていた。対象は日本水産のすり身製品「活ちくわ」や冷凍食品「わが家の麺自慢 ちゃんぽん」、ニップンの「オーマイプレミアム 彩々野菜 ペペロンチーノ」など。いずれも原材料価格の高騰などが値上げ要因としている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。