サファイア基板大型化、半導体分野でビジネス拡大 アダマンド並木精密宝石

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
アダマンド並木精密宝石が製造するサファイア基板。(左から)直径2インチ、4インチ、6インチ、8インチ、12インチ(同社提供)
アダマンド並木精密宝石が製造するサファイア基板。(左から)直径2インチ、4インチ、6インチ、8インチ、12インチ(同社提供)

 秋田県内に拠点を持つ精密部品メーカー・アダマンド並木精密宝石(東京、並木里也子社長)は29日、直径12インチ(約30センチ)の大型人工サファイア基板を開発し、販売を始めたと発表した。サファイア基板は、半導体の材料となる結晶を成長させる「下地基板」や電子デバイスの材料として使われており、大型化によって半導体や電子機器分野でのビジネス拡大を目指す。

 同社によると、サファイア基板はこれまで主に発光ダイオード(LED)向けの下地基板として使われてきた。同社秋田湯沢工場(湯沢市)では2000年ごろから一貫して、サファイア基板の生産を手がけてきたが、生産できるサイズは直径2~8インチまでだった。近年の半導体業界の需要増に対応するためにも、同業界で主流となっている12インチサイズへの拡大を目指していた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース