江氏宅入り口に軍関係者、上海 漂う重苦しい雰囲気

※写真クリックで拡大表示します
中国の江沢民元国家主席が住んでいたとみられる建物の近くを警戒する警察車両=30日、中国上海市(共同)
中国の江沢民元国家主席が住んでいたとみられる建物の近くを警戒する警察車両=30日、中国上海市(共同)

 【上海共同】中国の江沢民元国家主席が死去した30日、江氏が長年暮らした上海市の自宅とみられる建物の周辺は多くの警察車両が巡回し、重苦しい雰囲気が漂った。出入り口には軍関係者とみられる数人が立ち、周囲に目を光らせた。入院していたとみられる病院の前もパトカーが警戒した。

 江氏は晩年、自宅と病院を行ったり来たりして生活していたとされる。江氏の様子に詳しい男性によると、最近は再び体調が悪化して自宅での生活が困難になり、緊急の措置が受けられるよう病院に移ったという。

 上海市は30日、雨が降り続いた。江氏を支持する別の男性は「神様も泣いているようだ」と死を悼んだ。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。