ホンダ一般道で手放し運転 20年代半ば、渋滞時支援

※写真クリックで拡大表示します
記者会見するホンダの高石秀明安全企画部部長=29日、栃木県芳賀町
記者会見するホンダの高石秀明安全企画部部長=29日、栃木県芳賀町

 ホンダは30日、渋滞時に一般道で手放し運転を支援するシステムを2020年代半ばに投入すると発表した。20年代後半に一定条件下での自動運転「レベル3」を、高速道路全域に広げる技術を確立させる計画も明らかにした。

 渋滞時の手放し運転は「レベル2」に相当するが、一般道は歩行者の急な飛び出しがあり、実用化は難しいとされる。ホンダは複雑な状況を学習できる独自の人工知能(AI)を活用し、開発を急ぐ。手放し運転の搭載車種は今後検討する。

 ホンダは21年3月に市販車では世界で初めてレベル3を実現した高級セダン「レジェンド」を発売した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。