米で黒人初の党トップが誕生 下院民主、ジェフリーズ氏

※写真クリックで拡大表示します
11月2日、米ワシントンで記者会見する民主党のジェフリーズ下院議員(ロイター=共同)
11月2日、米ワシントンで記者会見する民主党のジェフリーズ下院議員(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米中間選挙の結果、来年1月の新議会で少数派となる下院民主党は11月30日、次期指導部を選出し、党トップとなる院内総務に現在ナンバー5のハキーム・ジェフリーズ議員(52)を選んだ。民主、共和両党、上下両院を通じて黒人では初めての党トップが誕生した。2024年大統領選と同時実施の次回下院選で多数派奪還を目指す。

 ジェフリーズ氏は、現在の民主党トップで約20年にわたって民主党を率いてきたペロシ下院議長(82)の後継となる。下院議長は多数派から選ばれるのが通例で、少数派の党トップは院内総務となる。ペロシ氏は指導部を退いた後も議員活動は続ける。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。