H&M、従業員1500人削減へ 物価高が打撃、コスト節減

※写真クリックで拡大表示します
米ニューヨーク・マンハッタンにあるH&Mの店舗=2019年11月(ロイター=共同)
米ニューヨーク・マンハッタンにあるH&Mの店舗=2019年11月(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】スウェーデンの衣料品大手H&Mは11月30日、1500人規模の従業員を削減すると発表した。物価高で消費の抑制傾向が出ており、コスト削減で業績改善を図る。世界経済に悪化の懸念が強まっており、アパレル業界で同様の動きが広がる可能性もある。

 H&Mは9月、年間20億クローナ(約260億円)の経費削減を目指して構造改革に取り組む方針を示した。同社の従業員は約15万5千人。

 ヘレナ・ヘルマーソンCEOは声明で「コストと効率化の計画は組織の見直しを含み、従業員が影響を受けることは承知している。彼らには次のステップに進むための支援をする」と表明した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。