「あきたしらかみにんにく」PR  産地化へ県内流通増目指す

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
「あきたしらかみにんにく」をPRした県にんにく生産者協議会の小林会長(中央)
「あきたしらかみにんにく」をPRした県にんにく生産者協議会の小林会長(中央)

 秋田県内のニンニク生産農家と農業法人でつくる「県にんにく生産者協議会」は1日、秋田市外旭川の市公設地方卸売市場で「あきたしらかみにんにく」のPRイベントを開いた。生産者の代表者らが本県のニンニク産地化を目指し、あきたしらかみにんにくの生産量を増やしていくとアピールした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース