「堂安が試合変えた」 カタールのアルジャジーラ

※写真クリックで拡大表示します
日本―スペイン 後半、同点ゴールを決め喜ぶ堂安=ドーハ(共同)
日本―スペイン 後半、同点ゴールを決め喜ぶ堂安=ドーハ(共同)

 【ドーハ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本が1日の1次リーグ最終戦で強豪スペインを破ったことについて、開催国カタールの衛星テレビ局アルジャジーラは、堂安律が「試合を変えた」と伝えた。

 ボール保持率やパスの数はスペインが大幅に上回ったが、日本はより冷静で、堂安を含む後半の選手交代が勝利の「決め手となった」と解説した。

 同時間帯に同じE組のドイツ対コスタリカ戦が行われ、両試合が終わるまで4チームとも決勝トーナメント進出の可能性があったと指摘。E組の結末は「劇的」だったとも伝えた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。