W杯、日本が死の組「王者」に 驚きと衝撃、世界再び

※写真クリックで拡大表示します
スペインに逆転勝ちし喜びをかみしめる浅野(18)=ドーハ(共同)
スペインに逆転勝ちし喜びをかみしめる浅野(18)=ドーハ(共同)

 サッカーのW杯カタール大会で、日本が1日行われた強豪スペイン戦で勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。強豪ドイツ戦を再現するかのような逆転劇は世界に衝撃を与え、各国メディアは1次リーグの「死の組」と言われたE組で日本が「王者となった」、「予想できなかった驚くべき結果だ」などと報じた。

 スペインでは日本は格下とする楽観論が目立っていたが、主要紙パイスは「日本がスペインを崩壊寸前に陥れた」と報じた。

 日本と同じE組で1次リーグ敗退が決まったドイツでは、地元メディアが「日本がドイツをW杯から追い出した」「スペインとドイツを震撼させた日本」などと衝撃を伝えた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。