被害者救済新法、6日に審議入り 公明幹部、部分修正言及

※写真クリックで拡大表示します
国会で会談に臨む与野党6党の国対委員長=2日午前
国会で会談に臨む与野党6党の国対委員長=2日午前

 与野党は2日の衆院議院運営委員会理事会で、旧統一教会問題を巡る被害者救済新法の法案を6日の衆院本会議で審議入りすることで合意した。公明党の石井幹事長は記者会見で、法案に関し「骨格に関わらない部分的な修正はあり得る」と述べた。会期末の10日を見据え、成立に向けた与野党間の駆け引きが激化しそうだ。

 本会議には岸田首相が出席する。理事会に先立ち、与野党6党は国会内で国対委員長会談を開いた。自民の高木国対委員長は早期成立に向けて5日の衆院本会議での審議入りを提案。立民の安住国対委員長は新法を巡り、法人に課す配慮義務規定を禁止規定に修正するよう与党に求めた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。