ロッテの井口前監督らが候補者に 来年の野球殿堂入り

※写真クリックで拡大表示します
ロッテの井口資仁・前監督=10月、ZOZOマリンスタジアム
ロッテの井口資仁・前監督=10月、ZOZOマリンスタジアム

 野球殿堂博物館は2日、来年の野球殿堂入り候補者を発表し、選手としての功績を表彰するプレーヤー表彰で、日米通算2254安打を放ったロッテの井口資仁前監督、西武、巨人で通算320盗塁の片岡治大氏、日本ハムで167セーブを挙げた武田久氏、横浜(現DeNA)、巨人で通算360本塁打の村田修一氏が新たに候補に加わった。

 指導者としての実績も加味するエキスパート表彰では昨季まで10年間日本ハムを率い2度のリーグ優勝と日本一に1度導いた日本代表の栗山英樹監督と、沖縄出身プロの先駆者として通算119勝と活躍し、広島で投手コーチなどを長く務めた安仁屋宗八氏が候補に入った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。