大阪で中国ゼロコロナに抗議 白い紙掲げ、留学生ら

 堺市の大阪公立大で2日、新型コロナウイルスを徹底的に抑え込むとして中国が実施している「ゼロコロナ」政策と、中国共産党の強権統治に対する抗議活動が行われた。中国人留学生らが参加。新疆ウイグル自治区ウルムチ市の高層住宅で起きた火災の犠牲者を追悼し、言論の自由を認めない検閲行為に抵抗することを示す白い紙を掲げる学生もいた。

 ウルムチ市の火災は、コロナ対策で周囲が封鎖されていたため救助が遅れたとされる。

 参加した中国人留学生らは取材に「国に帰れないかもしれないが、勇気を出して活動を続けている。日本人にも知ってほしい」と話した。構内にいた多くの日本人も耳を傾けた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。