米、EV優遇策の見直しへ 大統領「微修正」を表明

※写真クリックで拡大表示します
バイデン米大統領(右)とフランスのマクロン大統領=1日、ワシントン(ロイター=共同)
バイデン米大統領(右)とフランスのマクロン大統領=1日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は1日、海外メーカーに不利とされる米国の電気自動車(EV)の購入優遇策を見直す考えを示した。米国を訪れたフランスのマクロン大統領と会談後の共同会見で明らかにした。各国政府と「微修正」のための実務的な協議に入る。交渉が長引き、米財務省が12月末までに予定している税控除制度の詳細の発表が遅れる可能性もありそうだ。

 マクロン氏は米インフレ抑制法で盛り込まれたEV購入優遇策で、欧州企業が不利益を被ると主張。バイデン氏が「法律では同盟国を排除する意図はなかった」と釈明し「欧州諸国が参加しやすくなるよう、微調整できる」と話した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。