W杯関連株が上昇 決勝T進出で業績拡大期待

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本がスペインに勝利して決勝トーナメント進出を決めたことを受け、2日の東京株式市場ではW杯関連株が上昇した。W杯への関心の高まりが業績拡大の追い風になると期待され、買い注文が集まった。

 インターネットテレビ「ABEMA」で全試合を無料で中継するサイバーエージェントの終値は、前日比3・95%高の1288円だった。

 英国風パブ「HUB」で試合を放映するハブの終値は7・02%高い716円だった。

 スポーツ用品メーカーのミズノはサッカー関連商品の売り上げ増が期待され、0・98%高の2872円で取引を終えた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。