県のコロナ自宅療養支援金、支払い遅れ気味 作業追いつかず

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
秋田県庁(資料写真)
秋田県庁(資料写真)

 新型コロナウイルスに感染し自宅療養した秋田県民への県の支援金3万円の支払いが遅れ気味だ。9月15日までに診断された人を対象に12月末まで申請を受け付けているが、流行「第7波」による感染拡大で書類の確認作業が追い付かない状況という。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース