担い手不足対応や所得向上策… 若手農家が議論、将来像模索

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
所得向上策などについて議論を交わした意見交換会
所得向上策などについて議論を交わした意見交換会

 若手農家が農業の課題を共有し、解決策について話し合う「若手農業者組織意見交換会」が1日、秋田市の県JAビルで開かれた。担い手不足への対応や所得向上策について議論を交わした。

 JA青年部協議会、県農業近代化ゼミナール連絡協議会、県農業法人協会若手会が初めて合同で開催し、約30人が参加。JA青年部協議会の齊藤拓委員長(30)はあいさつで「8月の大雨被害や資材価格の高騰が農業経営を直撃している。営農形態の変化を求められている今こそ、組織を超えて情報共有を充実させていく必要がある」と述べた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース