県アスリート競技活動サポート事業、開始から6年 選手の県内就職支援、Aターン促進効果もじわり

連載:ニュースの「つぼ」
有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
先月秋田市では事業に関する企業向けセミナーが開かれた
先月秋田市では事業に関する企業向けセミナーが開かれた

 秋田県が国内外で優秀な成績を収めた選手の県内就職を支援する「県アスリート競技活動サポート事業」は開始から6年目を迎えた。五輪選手を輩出するなどの成果を残しつつ、対象条件に満たない選手の就職を後押しする事例も増えている。

 事業は実績のあるトップアスリートの正規雇用を促そうと2017年に始まった。五輪やアジア大会の出場経験、全国大会4強以上など一定の実績を持つ選手を採用すると、選手1人につき100万円の雇用奨励金を企業に支給。企業が選手の活動費を負担する場合、年間120万円まで最長5年間補助する。企業側は宣伝効果や職場の活性化などが期待でき、選手は安定した収入を得ることで活動資金を確保できる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース