クロスで生まれた得点83%増 W杯の技術研究Gが前回と比較

※写真クリックで拡大表示します
日本―スペイン 後半、クロスを上げる三笘(左端)。この後、田中がゴールを決める=ドーハ(共同)
日本―スペイン 後半、クロスを上げる三笘(左端)。この後、田中がゴールを決める=ドーハ(共同)

 国際サッカー連盟(FIFA)の技術研究グループ(TSG)は4日、1次リーグの試合の分析結果を公表し、流れの中のクロスで生まれた得点が前回大会より83%増えたと明らかにした。TSGのリーダーで元アーセナル(イングランド)監督のベンゲル氏は中央の守備が堅くなっていることを要因に挙げ「サイドにいい選手がいる国がW杯を制する可能性が高い」と話した。

 GKがパスを受けた回数も大幅に増加。ベンゲル氏は、相手のプレスを回避する受け皿になっていると指摘し「GKの足元の技術や配球がチームの質にとって重要な要素になっている。大きな変化だ」と説明した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。