江沢民氏、6日追悼大会 中国、市民集結を警戒

※写真クリックで拡大表示します
「八宝山革命公墓」周辺の規制エリアから出る胸に白い花を着けた人たち=5日、北京(共同)
「八宝山革命公墓」周辺の規制エリアから出る胸に白い花を着けた人たち=5日、北京(共同)

 【北京共同】11月30日に死去した中国の江沢民元国家主席の追悼大会を6日に控え、北京・八宝山の葬儀場付近では5日午前、広範囲に交通規制が敷かれた。中国では11月下旬に、各地で新型コロナウイルス対策への抗議が続発したばかり。当局は追悼のために市民が街頭で大勢集まり、政府批判などの騒ぎに発展することを警戒している。

 北京市当局は、中国共産党幹部らが埋葬される「八宝山革命公墓」と葬儀場の周辺一帯で、車両や歩行者の通行を規制。規制エリア内には5日午前、動員されたとみられる、胸に白い花を着けた人々が集まった。江氏の遺体を葬儀場へ移送した可能性がある。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。