園児バス死亡の法的責任認める 前園長、早期の書類送検に寄与か

※写真クリックで拡大表示します
記者会見で謝罪する川崎幼稚園の増田立義前園長=9月、静岡県牧之原市
記者会見で謝罪する川崎幼稚園の増田立義前園長=9月、静岡県牧之原市

 静岡県牧之原市の認定こども園「川崎幼稚園」で園児の河本千奈ちゃんが通園バスに取り残され熱中症で死亡した事件で、業務上過失致死の疑いで書類送検された増田立義前園長側が、事件発生から早い時期に自身の法的責任を認めると県に説明していたことが5日、関係者への取材で分かった。園側のこうした対応が事件から3カ月での書類送検につながった可能性がある。

 園は10月に県と市へ提出した改善報告書で、降車確認を怠ったことなど「全般にわたり前園長に法的責任があった」と認めた。同容疑で書類送検された当時のクラス担任の女性とクラス補助の女性についても「一定の責任がある」と報告した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。