クリミア解放「今が好機」 先住民族の指導者が強調

※写真クリックで拡大表示します
クリミア・タタール人の指導者ムスタファ・ジェミレフ氏=11月29日、トルコ・イスタンブール(共同)
クリミア・タタール人の指導者ムスタファ・ジェミレフ氏=11月29日、トルコ・イスタンブール(共同)

 【イスタンブール共同】2014年にロシアが併合したウクライナ南部クリミア半島のトルコ系先住民族、クリミア・タタール人の指導者ムスタファ・ジェミレフ氏(79)は5日までに、ウクライナが南部で反攻を進める今こそクリミアを解放する「大きなチャンスだ」と強調した。訪問先のトルコ・イスタンブールで共同通信に語った。

 民族運動の重鎮で、クリミア・タタール民族会議「メジリス」の議長を長年務めてきた。現在はウクライナ最高会議(議会)議員を務める。ロシアのウクライナ侵攻後、トルコの支援を取り付けるためエルドアン政権幹部と協議を重ねている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。