中国BYDのEV、440万円 日本第1弾は来年1月、SUV

※写真クリックで拡大表示します
BYDが日本で発売するEV「ATTO 3」
BYDが日本で発売するEV「ATTO 3」

 電気自動車(EV)で世界2位の中国メーカー「比亜迪(BYD)」の日本法人は5日、日本発売モデルの第1弾となるEV「ATTO 3(アットスリー)」を来年1月31日に発売すると発表した。スポーツタイプ多目的車(SUV)で、希望小売価格は440万円。来年3月ごろの納車開始を予定している。

 来年1月下旬から順次、全国各地に販売拠点を設ける。1回の充電での走行距離は485キロ。低重心で、広い車内空間を確保したという。アットスリーは今年2月に中国で発売以降、オーストラリアなどで展開し、10月末時点で累計約14万台を販売している。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。