三笘の1ミリ、ソニーが演出 W杯VAR、他競技でも

※写真クリックで拡大表示します
サッカーW杯カタール大会のスペイン戦の後半、ゴールライン際のボールを折り返す三笘=1日、ドーハ(AP=共同)
サッカーW杯カタール大会のスペイン戦の後半、ゴールライン際のボールを折り返す三笘=1日、ドーハ(AP=共同)

 ボールは外に出ていなかった―。サッカーW杯の日本対スペイン戦で“三笘の1ミリ”と称賛を浴びたプレーの判定を支援したビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)には、ソニーグループ傘下企業の技術が使われている。この仕組みは他の競技でも採用されており、活用がさらに進みそうだ。

 日本時間2日のスペイン戦の後半、ゴールライン付近で三笘薫選手が足を伸ばしてボールをつなぎ、逆転ゴールを演出した動きは、ボールがわずかに線上に残っていることがVARによって確認され、日本中が歓喜に包まれた。

 VARは、ソニーグループ傘下の英ホークアイ・イノベーションズの技術を活用している。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。