万博のマンホールふた設置 大阪市内400カ所で順次

※写真クリックで拡大表示します
大阪市役所前の歩道に設置された、大阪・関西万博の公式キャラクター「ミャクミャク」をデザインしたマンホールのふた=5日午後
大阪市役所前の歩道に設置された、大阪・関西万博の公式キャラクター「ミャクミャク」をデザインしたマンホールのふた=5日午後

 大阪市は5日、2025年大阪・関西万博の公式キャラクター「ミャクミャク」をデザインしたマンホールのふたを、市役所前の歩道やJR大阪駅近くなど10カ所で先行設置した。23年度から開催までに約400カ所で整備。機運醸成を図る。

 ミャクミャクは「清い水」を表す青色の部分と「細胞」を表す赤い部分が一体となったキャラクター。ふたには「EXPO 2025」の文字とともに鮮やかなミャクミャクが描かれた。人通りの多い場所で順次設置する。

 松井一郎市長は市役所で記者会見し「躍動感あるデザインにした。万博に興味を持ってもらえれば」と話した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。