京大に自社株19億円分を寄付 JCRファーマ「全国初」

※写真クリックで拡大表示します
JCRファーマから京都大への寄付について記者会見し、撮影に応じる本庶佑氏(手前)=5日午後、京都市
JCRファーマから京都大への寄付について記者会見し、撮影に応じる本庶佑氏(手前)=5日午後、京都市

 京都大と医薬品メーカー、JCRファーマ(兵庫県芦屋市)は5日記者会見し、同社が自社の株式100万株を京大の基金に寄付したと発表した。時価総額約19億円で、配当金2千万円前後が毎年基金に充当される。同社と京大側によると、企業が自社株を国立大に譲渡する形の寄付は全国初という。

 配当は「本庶佑有志基金」と「がん免疫治療研究基金」に充当される。長期的に安定して研究資金を獲得でき、会見に同席した本庶佑特別教授は「日本でも民間による支援の輪が広がりつつある。ぜひ若い人には新しい研究にチャレンジしてもらいたい」と話した。

 京大が9月に1株1円で同社の株式を取得した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。