追悼の灯籠で描く文字募集 阪神大震災28年のつどい

 1995年の阪神大震災の犠牲者を追悼するために神戸市中央区で開かれる「1・17のつどい」の実行委員会は5日、震災から28年となる来年1月17日に会場の公園「東遊園地」で紙灯籠を並べて描く文字の公募を始めた。期限は来年1月10日で、4文字以内で描きやすい言葉を募集。実行委のウェブサイトや郵送などで応募できる。

 公募は8回目で、2016年「未来」、17年「光」、18年「伝」、19年「つなぐ」、20年「きざむ」、21年「がんばろう」、22年「忘」だった。実行委員長の藤本真一さん(38)は「震災を経験していない若い世代も含め、皆さんの思いを伝えてほしい」と話す。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。