待望の接岸「ハタハタから連絡来た」 上機嫌、記者にお茶勧める漁師

連載:ルポ季節ハタハタ
有料会員向け記事

網を引き揚げる漁師=6日午前7時40分ごろ、八峰町の八森漁港

【能代支局・斉藤慎太郎】6日午前7時前、秋田県八峰町の八森漁港の近くにある番屋を訪ねた。「おはよう。まず上がれ」と手招きされ入ると、漁師はコーヒーやそば茶を勧めてきた。何やら機嫌が良さそうだ。

「今朝ハタハタから連絡来た。きょう来るど」。冗談交じりで口調も滑らかだ。ここ数日間冷え込みが続いたことなどから、ハタハタが接岸する条件が整ったという読みがあった。

テレビのニュース番組が占いコーナーになった。漁師はじゃんけん占いに挑んだ後、星座占いをチェック。運気は上々のようだ。「条件が良くても実際に漁に出てみなければ分からない。漁には運が必要なんだ」


今季のまとめ
ルポ季節ハタハタ

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース