日本、悲願のベスト8逃す PK戦でクロアチアに屈す

※写真クリックで拡大表示します
PK戦の末、クロアチア(左)に敗れ、肩を落とす日本イレブン=アルワクラ(共同)
PK戦の末、クロアチア(左)に敗れ、肩を落とす日本イレブン=アルワクラ(共同)

 【アルワクラ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会第16日は5日、ドーハ近郊アルワクラのアルジャヌーブ競技場で決勝トーナメント1回戦が行われ、世界ランキング24位の日本は悲願の8強入りを逃した。同12位で前回準優勝のクロアチアとの一戦は1―1のままPK戦となり、1―3で屈した。

 日本は前田大然(セルティック)のゴールで前半を終えて1―0とリードしたが、後半に追い付かれ、延長でも決着がつかなかった。

 7大会連続7度目のW杯出場となる日本が、16チームによる決勝トーナメントの1回戦で敗れるのは4度目。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。