広島・菊池涼、現状維持3億円 九里は1億4千万円で更改

※写真クリックで拡大表示します
契約更改交渉を終え、記者会見する広島・菊池涼=6日、マツダスタジアム
契約更改交渉を終え、記者会見する広島・菊池涼=6日、マツダスタジアム

 広島の菊池涼介内野手が6日、マツダスタジアムで契約交渉に臨み、4年契約の最終年となる来季を現状維持の年俸3億円プラス出来高払いで更改した。今季は出場123試合で打率2割6分2厘、6本塁打、45打点。「離脱した時期もあったが、何とか元気にグラウンドを駆け回れた」とうなずいた。

 新井監督の下、5年ぶりの優勝を目指す。「監督がやりたいことを若い選手に伝え、一丸となりたい」と意気込んだ。

 九里亜蓮投手は3年契約2年目の来季を現状維持の1億4千万円プラス出来高払いでサイン。26試合の登板で6勝9敗、防御率3・33だった。(金額は推定)

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。