秋田県が独自の「医療ひっ迫宣言」 コロナ感染者急増に危機感

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は7日、新型コロナウイルスの感染急増を受け、県独自の「医療ひっ迫宣言」を発令した。県民の危機意識を高める狙い。佐竹敬久知事は「今後も感染の拡大傾向が続けば、医療体制全体に逼迫(ひっぱく)が波及する」と危惧し、県民に抗原検査キットなどを買い置き、重症化リスクが低い場合は自己検査するよう要請した。医療機関の受診では事前連絡を徹底し、なるべく平日の日中に出向くことを求めた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース