森林破壊関連の商品販売排除へ EU合意、違反で罰金も

※写真クリックで拡大表示します
EUの欧州議会=2004年、フランス・ストラスブール(ロイター=共同)
EUの欧州議会=2004年、フランス・ストラスブール(ロイター=共同)

 【ティラナ共同】欧州連合(EU)各国と欧州議会は6日、生産過程で森林破壊を引き起こす商品のEU域内での販売を防ぐ新たな法案で合意した。企業は商品が森林破壊に関わっていないことを示す義務を負い、違反すると罰金が科される。今後、正式合意を経て施行される見通し。

 対象は牛肉やコーヒー、大豆、パーム油、木材や、その加工品など。企業は商品をEUで販売したりEUから輸出したりする場合、2020年12月31日以降に生じたいかなる森林破壊と無関係であることを示す必要がある。違反した場合、企業のEUにおける売上高の最大4%の罰金が科される可能性がある。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。