キムタク映画に大館の比内鶏2羽登場 野性味評価され“抜てき”

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
大館市の比内鶏が登場した映画の一場面(C)2023「THE LEGEND&BUTTERFLY」製作委員会提供
大館市の比内鶏が登場した映画の一場面(C)2023「THE LEGEND&BUTTERFLY」製作委員会提供

 来年1月公開予定の東映創立70周年記念映画「THE LEGEND&BUTTERFLY(レジェンド・アンド・バタフライ)」に、秋田県大館市で飼われている比内鶏が登場する。撮影に2羽を貸し出した大館市の関口宣男・秋田三鶏保存会長は「比内鶏を育てて50年。大きな映画に協力できて誇りに思う」と話した。

 作品は織田信長(木村拓哉さん)が妻となる濃姫(綾瀬はるかさん)と出会い、本能寺で命を落とすまでを描く。比内鶏は冒頭、信長が濃姫を迎え入れる那古野(なごや)城のシーンに2羽が登場する。曲輪(くるわ)で足軽たちが慌ただしく走る中、短時間ながら力強く羽をばたつかせる姿が映し出される。

 比内鶏が出るシーンは山形県で撮影。「現場には200人ほどのエキストラや馬などもいたが、比内鶏はカメラ前で堂々としていて撮影はうまくいった」と西片さん。木村さんや綾瀬さんとの共演シーンはなかったという。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース