鹿角市、外部有識者の監視委設立 入札の公正性確保図る

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県鹿角市発注工事を巡る官製談合事件を受けて市は7日、外部有識者でつくる「市入札監視委員会」を立ち上げた。市が設置した第三者委員会の提言に基づく再発防止対策の一環。設立会議を市役所で開き、委員は第三者委と同じ4人に委嘱した。委員長には緑川法律事務所(大館市)の緑川正樹弁護士を選んだ。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース