国際教養大学内で食料品無料配布 学生7人がニーズ調査

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
必要な食料品を選ぶ学生
必要な食料品を選ぶ学生

 食料品の値上がりで困っている学生を支援しようと、秋田市雄和の国際教養大で7日、食料品が無料で配られた。大学のプロジェクトに志願した7人の学生ボランティアがアンケートで学生のニーズを調査。交通アクセスの不便なキャンパスでは手に入れにくい新鮮な野菜や果物を中心にそろえた。

 県産の新鮮な野菜や果物のほか、パックご飯やパスタ、レトルト食品など長期間保存できる食品が約230人分用意された学生会館。午前中から昼ごろにかけ、事前に申し込んだ学生や留学生が続々と訪れ、それぞれ必要な品をバッグなどに詰めていった。

 プロジェクトは物価高騰を受け大学の学生課が、学生の視点で本当に必要な支援をしようと有志を募集。4年の卓郁翔(チョウユウシャン)さん(23)=台湾出身=をリーダーに7人が集まり、9月にスタートさせた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース